カテゴリー
Uncategorized

LoRa IoT 超小型実験衛星MicroOrbiter-1のエンジニアリングモデル

920MHz及び399.975MHzでのLoRaデータ通信をStore & Forward方式で実現する事をミッションとした超小型実験衛星 MicroOrbiter-1のCritical Design Review(CDR)が3月31日マイクロオービター社と九工大の合同で行われ無事終了いたしました。このCDRに先立ち、衛星のエンジニアリングモデルを使用した振動試験や真空熱試験が実施され満足する結果が得られました。いよいよMicroOrbiter-1が姿を現し、今年の6月頃の完成を目指し最終段階のフライトモデル製作に入って行きます。

写真は電波暗室での電波実験を終えたばかりのMicroOrbiter-1のエンジニアリングモデルです。

コメントを残す